DSC_8100

 中国北部発祥の炸醤麺(ジャージャンメン)と呼ばれる麺類があります。炸醤とは豚挽き肉を豆鼓醬や甜面醤で炒めた肉味噌のことで、これを麺の上に載せて食べるものです。盛岡名物のじゃじゃ麺は、満州から引き揚げられた方が日本で再現し、独自の進化を遂げたものだと聞きます。

 今日はその味付けを使いつつ、冷蔵庫に豆腐があったので、四川料理の麻婆豆腐とミックスさせてみることにしました。味付けは結構似ていますので、楽に合わせられます。

 超簡単で5分くらいでできて、とても美味しく、お勧めです。甜面醤や豆鼓醬は昨今では業務スーパーをはじめ、普通のスーパーにも置いているところが多いですし、麻婆豆腐や回鍋肉、野菜炒め、中華スープ等にも使えますので、買っておいても良いかと思います。

材料(2人分)

  • 中華麺 2~3玉
  • 豚挽き肉 100g程度
  • 豆腐 半丁程度
  • すりおろしニンニク 1欠片分
  • すりおろしor刻んだ生姜 小さじ2~3程度
  • 豆鼓醤 小さじ2
  • 甜面醤 小さじ1
  • 豆板醤 お好みで微量~小さじ半程度
  • 花椒 お好みで1~5振り程度
  • 五香粉 2~3振り
  • オイスターソース 少々(なくても良い)
  • 片栗粉 適量(小さじ2程度)

作り方

  1. 中華麺は湯がいて使える状態にします。レンジで少し温め、さっと湯がくと時短になります。
  2. フライパンに薄く油をひき、豚挽き肉・ニンニク・生姜を入れて炒めます。
  3. 肉の色が変わったら、湯(水)を250cc程度注ぎ、豆鼓醤・甜面醤・豆板醤・オイスターソース・を入れ、花椒・五香粉を振って煮立たせます。
  4. 豆腐を入れて軽くかき混ぜながら熱します。豆腐が崩れすぎてしまうときは、全体を揺するように混ぜます。
  5. 混ぜながら水溶き片栗粉を少しずつ入れて、とろみをつけます。盛り付けた麺にかけて完成。

備考

  • たけのこ、しいたけなどを加えても美味しいです。
  • 北京風に大豆を添えたり、千切りのキュウリや細切りのネギをトッピングするのも合います。